2011年07月27日

28日「ロミオとジュリエット」のキャスト表[アメリカン・バレエ・シアター(ABT)]

現時点でのキャストになります。
最終的なキャストは当日発表します。

2011年7月28日(木) 6:30p.m〜9:30p.m.   
ロミオとジュリエット  
全3 幕  

振付 : ケネス・マクミラン
音楽 : セルゲイ・プロコフィエフ
原作 : ウィリアム・シェイクスピア
台本 : セルゲイ・プロコフィエフ/セルゲイ・ラドロフ
装置・衣裳 : ニコラス・ジョージアディス
照明 : トマス・スケルトン
指揮 : オームズビー・ウィルキンズ
管弦楽 : 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

ロミオ : デイヴィッド・ホールバーグ
ジュリエット : ナターリア・オーシポワ *
マキューシオ(ロミオの友人) : ジャレット・マシューズ
ティボルト(キャピュレット卿夫人の甥) : アイザック・スタッパス
ヴェンヴォーリオ(ロミオの友人) : ブレイン・ホーヴェン
パリス(ジュリエットの婚約者) : サッシャ・ラデツキー
キャピュレット卿夫人 : クリスティー・ブーン
キャピュレット卿 : ロマン・ズービン
ヴェローナの大公 : アレクセイ・アグーディン
ロザライン : カレン・アップホフ
ジュリエットの乳母 : スーザン・ジョーンズ
ローレンス神父  アレクセイ・アグーディン
モンタギュー卿夫人 : エリザベス・マーツ
モンタギュー卿 : ヴィタリー・クラウチェンカ
3人の娼婦 : ルシアナ・パリス、ステラ・アブレラ、メラニー・ハムリック
ロザラインの友人 : リーアン・アンダーウッド
ジュリエットの友人 : ジェマ・ボンド、イザベラ・ボイルストン、カロリーヌ・デュープロー、
 ニコール・グラニェロ、クリスティーン・シェフチェンコ、キャサリン・ウィリアムズ
マンドリンの踊り : ジャレット・マシューズ、フリオ・ブラガド=ヤング、ジョセフ・ゴラック、
 ジョセフ・フィリップス、アロン・スコット、ショーン・ステュアート
舞踏会の客/街の人々  ユン・ヨン・アン、ジェマ・ボンド、イザベラ・ボイルストン、ニコラ・カリー、カロリーヌ・デュープロー、
 ツォン・ジン・ファン、エイプリル・ジャンジェルーソ、ニコール・グラニェロ、
 ミーガン・ヒンキス、ジェイミー・コピット、イサドラ・ロヨラ、エリザベス・マーツ、
 エリーナ・ミエッティネン、レナータ・パヴァム、ローレン・ポスト、ケリー・ポッター、
 ジェシカ・サーンド、クリスティーン・シェフチェンコ、サラ・スミス、デヴォン・トイシャー、
 メリー・ミルズ・トーマス、カサンドラ・トレナリー、リーアン・アンダーウッド、
 ルシアナ・ヴォルトリーニ、ジェニファー・ウェイレン、キャサリン・ウィリアムズ
 スターリング・バーカ、フリオ・ブラガド=ヤング、グレイ・デイヴィス、グラント・デロング、
 ロディー・ドーブル、トビン・イーソン、ケネス・イースター、トーマス・フォースター、
 ジェフリー・ガラデイ、ジョセフ・ゴラック、アレクサンドル・ハムーディ、ミハイル・イリイン、
 ヴィタリー・クラウチェンカ、ジョセフ・フィリップス、ルイス・リバゴルダ、
 カルヴィン・ロイヤル、アロン・スコット、ホセ・セバスティアン、ショーン・ステュアート、
 エリック・タム

*ゲスト・アーティスト

【上演時間】 約 3時間    【終演予定】 9:30p.m.   
プロローグと第1幕 60分 − 休憩 20分 − 第2幕 35分 − 休憩 20分 − 第3幕40分  


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。