2011年03月02日

ダンサー紹介:ジャレッド・マシューズ[アメリカン・バレエ・シアター(ABT)]

今日ご紹介するのは若手のホープ、ジャレッド・マシューズ。
matthews.jpg
2008年の来日公演では「白鳥の湖」で王子の友人やロットバルト、「海賊」ではランケデムを演じるなど多彩な役をこなせる注目の存在です。

バレエを始めたきっかけ
実はバレエを始めたきっかけというのが“タップ・ダンス”だったそう。熱心に練習し、めきめきと上達!さらなる上を目指し11歳の時にダンスの基礎となるバレエを始めました。それが、いつの間にかバレエに夢中に・・・
「タップ・ダンスのおかげでリズム感や音楽への感性が鋭くなれたのでは、と思っています。」

ABTに入りたかった理由
小さい頃からバリシニコフの映像を観て育ったマシューズは、彼のダンス・スタイルに憧れていたそう。それがABTに入団するきっかけになったとのこと!
今の彼にとってのABTは「各国からすごいダンサーが集まったエネルギー溢れるカンパニー。ABTを観れば、きっと皆さんもすごいエネルギーを感じる事ができますよ。」

今後の目標ややってみたい役
「40代まで踊り続けたい。それまでに経験した全てをステージで見せられるダンサーになりたいです。」


2011年の来日公演では「ロミオとジュリエット」でマキューシオ役を、「ドン・キホーテ」ではエスパーダ役を踊ります。
ぜひ、ご注目ください!


世界一ゴージャスなバレエ、アメリカン・バレエ・シアター(ABT)。
スーパーダンサーたちが得意な作品で舞う、真夏の祭典!今回はABTの看板作品
「ドン・キホーテ」や数々の名ダンサーたちが踊った「ロミオとジュリエット」
そして、新作を携えた豪華な2夜「オールスター・ガラ」を披露します。

7月21日(木) 18:30 東京文化会館「オープニング・ガラ」
7月22日(金) 18:30 東京文化会館「スペシャル・ドン・キホーテ」
7月23日(土) 13:00/18:00 東京文化会館「ドン・キホーテ」
7月24日(日) 13:00/18:00 東京文化会館「ドン・キホーテ」
7月26日(火) 18:30 東京文化会館「ロミオとジュリエット」
7月27日(水) 18:30 東京文化会館「ロミオとジュリエット」
7月28日(木) 18:30 東京文化会館「ロミオとジュリエット」
7月29日(金) 18:30 東京文化会館「クロージング・ガラ」

詳しい情報はこちらから



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。