2009年01月23日

「ザハーロワのすべて」キャスト・プロフィール

スヴェトラーナ・ザハーロワ
Zakharova.jpgSvetlana Zakharova
 ウクライナ共和国ルトスク生まれ。1989年にキエフ・バレエ学校に入学し、ワレーリヤ・スレーギナに師事する。6年学んだ後、サンクトペテルブルグでワガーノワ賞国際バレエ・コンクールに参加して第2位に入賞し、ワガーノワ・バレエ学校の卒業クラスに転入した。エレーナ・エフテーエワの指導のもと、'96年に卒業し、マリインスキー・バレエに入団する。すぐに頭角を現し、翌シーズンにはプリンシパルに昇格する。2003〜04年シーズンにボリショイ・バレエに移籍し、リュドミーラ・セメニャーカに師事している。1999年と2000年にゴールデン・マスク賞、'01年にサンクトペテルブルグの市民賞を授与され、'05年にはブノワ・ド・ラ・ダンス賞を受賞、ロシア功労芸術家に選ばれた。
 主なレパートリーには《白鳥の湖》《眠れる森の美女》《ジゼル》《ラ・バヤデール》《ドン・キホーテ》《ライモンダ》《シンデレラ》《海賊》の主役、《ファラオの娘》のアスピシア、ノイマイヤー振付《真夏の夜の夢》のティターニアとヒッポリタなどがある。ロシアを代表するバレリーナとして、ニューヨーク・シティ・バレエ、パリ・オペラ座バレエ、アメリカン・バレエ・シアター、新国立劇場バレエなどに客演し、世界的に活躍している。


アンドレイ・ウヴァーロフ
uvarov.jpgAndrei Uvarov
 モスクワ生まれ。1989年にモスクワ国立バレエ・アカデミー(アレクサンドル・ボンダレンコに師事)を卒業し、ボリショイ・バレエに入団。翌年、プリンシパルに昇格した。'95年にアカデミーのプロフェッショナル科を卒業。ニコライ・シマチョフ、ボリス・アキーモフ、ガリーナ・ウラーノワ、ニコライ・ファジェーチェフに師事している。'93年にブノワ・ド・ラ・ダンス賞を受賞し、'95年に大阪世界バレエ・コンペティションで第1位入賞。'96年にロシア功労芸術家、2001年にロシア人民芸術家に選定された。'03年に『バレエ』誌より「ダンスの魂」賞を授与されている。
 主なレパートリーには《白鳥の湖》《ジゼル》《眠れる森の美女》《ロミオとジュリエット》《ラ・バヤデール》《ドン・キホーテ》の主役、《ライモンダ》のジャン・ド・ブリエンヌ、ノイマイヤー振付《真夏の夜の夢》のライサンダー、《カルメン組曲》のドン・ホセ、ラトマンスキー振付《レア》、バランシン振付《セレナード》などがある。新国立劇場バレエ団、グルジア国立バレエ団への客演など、来日の機会が多い。


ニーナ・カプツォーワ
kaptsova.jpgNina Kaptsova
 1978年、ロストフ・ナ・ドヌ生まれ。モスクワ国立バレエ・アカデミーでソフィア・ゴロフキナに師事し、'96年に卒業してボリショイ・バレエに入団した。現在はマリーナ・コンドラーチエワに師事している。
 主なレパートリーには《眠れる森の美女》《ジゼル》《アニュータ》《くるみ割り人形》《ラ・フィーユ・マル・ガルデ》《ラ・シルフィード》の主役、《明るい小川》のジーナ、《スパルタクス》のフリギア、《眠れる森の美女》のフロリナ王女、《海賊》の奴隷の踊り、《ファラオの娘》の漁師の妻、バランシン振付《タランテラ》、ノイマイヤー振付《真夏の夜の夢》のヘレナ、《黄金時代》のリタなどがある。


アンドレイ・メルクーリエフ
Merkuriev.JPGAndrei Merkuriev
 コミ共和国のスィクティフカル生まれ。1996年にウファ・バレエ学校を卒業し、'96〜97年シーズンにコミ共和国オペラ・バレエ劇場に参加した。'97年から2001年にムソルグスキー記念サンクトペテルブルグ国立オペラ・バレエ劇場(マールイ劇場)のソリストを務め、'01〜06年はマリインスキー劇場に所属し、'06〜07年シーズンにボリショイ・バレエに移籍した。ヴィクトール・バルイキンに師事している。'00年にペルミの「アラベスク」バレエ・コンクールで第2位、'01年にカザン国際ユース・バレエ・コンクールで第2位に入賞し、'05年にゴールデン・マスク賞を受賞している。
 主なレパートリーに《ジゼル》のアルブレヒト、《ラ・シルフィード》のジェイムズ、《パリの炎》のジェローム、《シンデレラ》の王子、《海賊》のビルバント、《ファラオの娘》の漁師、《明るい小川》のピョートル、《眠れる森の美女》の青い鳥などがある。


アルテム・シュピレフスキー
Shpilevsky.JPGArtem Shpilevsky
 サンクトペテルブルグ生まれ。2000年にワガーノワ・バレエ学校を卒業し、マリインスキー・バレエに入団する。その後オレグ・ヴィノグラードフのユニヴァーサル・バレエ(在ソウル)に入団した後、'02年にベルリン国立歌劇場バレエに移籍し、'06〜07年シーズンにボリショイ・バレエに入団した。ボリス・アキーモフに師事している。
 主なレパートリーには《白鳥の湖》の王子とロットバルト、《眠れる森の美女》のデジレ王子、《ジゼル》のアルブレヒト、《ドン・キホーテ》の闘牛士、《パリの喜び》の男爵、《カルメン組曲》の闘牛士、バランシン振付《シンフォニー・イン・C》《コンチェルト・バロッコ》《セレナード》などがある。


ネッリ・コバヒーゼ
Kobakhizde.JPGNelli Kobakhizde
 トビリシ生まれ。1992〜95年にトビリシ・バレエ学校で学び、2001年にボリショイ・バレエ学校(イリーナ・シロワに師事)を卒業して、ボリショイ・バレエに所属する。マリーナ・コンドラーチェワの指導を受けている。主なレパートリーには《白鳥の湖》のハンガリーの花嫁候補と3羽の白鳥、《バヤデルカ》のグラン・パと第3ヴァリエーション、《ドン・キホーテ》のグラン・パ、《スペードの女王》のリーザなどがある。'05年にバシコルトスタン・オペラ・バレエ劇場で、パリ・オペラ座バレエのカール・パケットと《ジゼル》に主演した。


イワン・ワシーリエフ
vasiliev.JPGIvan Vasiliev
 ウラジオストク生まれ。2006年にベラルーシ国立バレエ学校を卒業し、ベラルーシ国立ボリショイ・バレエ・アカデミー劇場と、プリンシパル・ダンサーとして契約した。'06〜07年シーズン初めにボリショイ・バレエに移籍。'04年にヴァルナ国際バレエ・コンクールで第3位、'05年にモスクワ国際バレエ・コンクールで第1位、'06年にペルミの「アラベスク」バレエ・コンクールで第1位、ヴァルナ国際バレエ・コンクールでグランプリを授与されている。'07年に「勝利」賞、'08年に『バレエ』誌より「ダンスの魂」賞、ロシア舞踊賞評議会より「スポットライト」賞を贈られた。
 主なレパートリーには《ドン・キホーテ》《ラ・フィーユ・マル・ガルデ》《スパルタクス》の主役、《海賊》のコンラッド、《パリの炎》のフィリップがある。


★⇒公演情報はこちらから!

オンラインでのチケット購入: ticket.jpg



posted by JapanArts at 16:02 | ザハーロワのすべて2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。