2011年03月29日

掲載情報(パロマ・ヘレーラ)[アメリカン・バレエ・シアター(ABT)]

*2011年4・5月号 『ダンツァ』
パロマ・ヘレーラのインタビューが掲載されました。
20110405danza.jpg
記事は下記URLからご覧になれます。
http://www.mde.co.jp/danza/book/033/#page=44


*2011年4・5号『Act4 No.41』
ホセ・カレーニョの故郷、キューバ公演の模様。
2011_41Act4.jpg

2011年03月22日

ニーナ・アナニアシヴィリよりメッセージ "Praying for you and with you Japan!"

nina_message.jpg

大きな、大きな愛を、日本の皆さんに届きますように。
私たちは、いつも皆さんのことを想っています。
ニーナ&グルジア国立バレエ団
http://ananiashvili.com/
posted by JapanArts at 11:26 | バレエ・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

アンヘル・コレーラよりお見舞いの手紙が届きました。

angel_message.jpg
皆さんの美しい国、日本を襲った地震の悲劇を前に、悲嘆にくれています。
今回の震災がもたらしたことに私は衝撃を受けましたが、同時に、日本の皆さんがこのような状況を、必ず克服できることを信じております。私はいつも皆さんのことを想い、祈っています。
夏に皆さんにお会いすることを心待ちにしております。

心から
アンヘル・コレーラ

posted by JapanArts at 15:29 | バレエ・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

掲載情報[アメリカン・バレエ・シアター(ABT)]

2011年4月号『クララ』
加治屋百合子がナビゲート“夢の街 ニューヨーク”
clara_04.jpg

NYレポート[アメリカン・バレエ・シアター(ABT)]

2月末、ニューヨークのアメリカン・バレエ・シアターのスタジオに行ってきました!
ABT_D3P1479.jpg
<一番右側の後姿はデイヴィッド・ホールバーグ>

スタジオでは3月末にモスクワ・ボリショイ劇場でABTの公演があり、そのリハーサルが熱心に行われていました。
特に、映画「ブラックスワン」で話題の振付家ベンジャミン・ミルピエの新作(ロストロポーヴィチに捧げられた「トロイカ」という作品)が29日に世界初演されるとあって、ダンサーたちは休む間もないほどの忙しさ。
10:15すぎからダンサーたちが集まり、11:45までクラスレッスン。
その後は10分休憩をはさみながら、1時間ごとにさまざまなリハーサルが組まれていました。
忙しいはずなのに、ABTのダンサーたちは廊下ですれ違う時に、必ずニカっと笑ってハグ!
そして、口々に日本公演を楽しみにしていることを話してくれました。
さらに、10分の休憩を利用してインタビューや写真撮影、メッセージの収録にも応じてくれました。
(その様子はこのブログでも、どんどんご紹介していきますので、お楽しみに)
今日はまず、クラスレッスンの模様から・・・。
ABT_D3P1655.jpg
<ゴメスやレイエス、パールトの姿もあります>
ABT_D3P1777.jpg
<ジュリー・ケントのターンを見つめるゴメス!>
ABT_D3P1720.jpg
写真撮影は、NY在住のカメラマン、GIONさんです。

また、今シーズンの美しいパンフレットも完成していました!
ABT_season.jpg
表紙はヴィシニョーワとゴメス
明るい小川のページはユニーク!(ドヴォロヴェンコ&ホールバーグ)

2011年03月02日

ダンサー紹介:ジャレッド・マシューズ[アメリカン・バレエ・シアター(ABT)]

今日ご紹介するのは若手のホープ、ジャレッド・マシューズ。
matthews.jpg
2008年の来日公演では「白鳥の湖」で王子の友人やロットバルト、「海賊」ではランケデムを演じるなど多彩な役をこなせる注目の存在です。

バレエを始めたきっかけ
実はバレエを始めたきっかけというのが“タップ・ダンス”だったそう。熱心に練習し、めきめきと上達!さらなる上を目指し11歳の時にダンスの基礎となるバレエを始めました。それが、いつの間にかバレエに夢中に・・・
「タップ・ダンスのおかげでリズム感や音楽への感性が鋭くなれたのでは、と思っています。」

ABTに入りたかった理由
小さい頃からバリシニコフの映像を観て育ったマシューズは、彼のダンス・スタイルに憧れていたそう。それがABTに入団するきっかけになったとのこと!
今の彼にとってのABTは「各国からすごいダンサーが集まったエネルギー溢れるカンパニー。ABTを観れば、きっと皆さんもすごいエネルギーを感じる事ができますよ。」

今後の目標ややってみたい役
「40代まで踊り続けたい。それまでに経験した全てをステージで見せられるダンサーになりたいです。」


2011年の来日公演では「ロミオとジュリエット」でマキューシオ役を、「ドン・キホーテ」ではエスパーダ役を踊ります。
ぜひ、ご注目ください!


世界一ゴージャスなバレエ、アメリカン・バレエ・シアター(ABT)。
スーパーダンサーたちが得意な作品で舞う、真夏の祭典!今回はABTの看板作品
「ドン・キホーテ」や数々の名ダンサーたちが踊った「ロミオとジュリエット」
そして、新作を携えた豪華な2夜「オールスター・ガラ」を披露します。

7月21日(木) 18:30 東京文化会館「オープニング・ガラ」
7月22日(金) 18:30 東京文化会館「スペシャル・ドン・キホーテ」
7月23日(土) 13:00/18:00 東京文化会館「ドン・キホーテ」
7月24日(日) 13:00/18:00 東京文化会館「ドン・キホーテ」
7月26日(火) 18:30 東京文化会館「ロミオとジュリエット」
7月27日(水) 18:30 東京文化会館「ロミオとジュリエット」
7月28日(木) 18:30 東京文化会館「ロミオとジュリエット」
7月29日(金) 18:30 東京文化会館「クロージング・ガラ」

詳しい情報はこちらから

2011年03月01日

掲載情報[アメリカン・バレエ・シアター]

*2011年4月号『ダンスマガジン』
ホセ・カレーニョのスペシャルインタビュー
DM201104.jpg

*2011年3月号『和楽』
公演情報が掲載されました。
waraku_cover.jpg

*2011年3月号「The GOLD」JCBゴールド会員
公演情報が掲載されました。
thegold_201103001.jpg
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。